FC2ブログ

きさらぎ賞2018 過去のデータから傾向と対策 - 競馬予想ビギナーズクラブ

競馬予想ビギナーズクラブ ホーム » 過去のデータから傾向と対策 » きさらぎ賞2018 過去のデータから傾向と対策

きさらぎ賞2018 過去のデータから傾向と対策

このレースは毎年頭数が揃わない傾向があります。
2013年以降、昨年までの5年間の出走頭数は8,9,9,9,7となっていて、いずれも2ケタの10頭にも届いていません。
「競馬は少頭数ほど荒れる」という格言もあるのですが、このレースは1番人気も高い連対率を記録していてその格言はあてはまりません。

2013年以降、1番人気馬は2勝2着2回と80パーセントの確率で馬券に絡んでおり、4着以下に沈んだのは2014年のわずか1度のみとなっています。
2014年以降は昨年まで4年連続で馬連の配当が3桁配当で決着していますので、
このレースは無理な穴狙いは避けた方が無難と心得ておきたいものです。

----------------------
2018年2月4日(日)
きさらぎ賞 GⅢ
京都競馬場/芝/1800m
----------------------
激走馬情報の無料メール配信希望は、
keibabeginners@gmail.comまでメール下さい。


過去の無料情報はこちらの⇒ランキングでクリックで確認

無料登録フォームはコチラ

▼▼▼高確定軸馬公開中!▼▼▼


▼▼▼応援クリックあると頑張れます!▼▼▼
にほんブログ村 競馬ブログへ



関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント