FC2ブログ

フェブラリーステークス2018 過去のデータから傾向と対策 - 競馬予想ビギナーズクラブ

競馬予想ビギナーズクラブ ホーム » 過去のデータから傾向と対策 » フェブラリーステークス2018 過去のデータから傾向と対策

フェブラリーステークス2018 過去のデータから傾向と対策

ダートの強者が集まるこのレースは、ここ5年は1番人気馬はそこそこ頑張っています。1勝2着1回3着2回と勝ったのは1度ながら3連複圏内には80パーセントの確率で入線してきています。ただし、伏兵馬も黙っていないのがこのレースの特徴で、思い出されるのは2014年の最低人気コパノリッキーの勝利です。この年は2,3着が2,1番人気馬だったものの、単勝オッズ270倍台の馬が勝ったということで、3連複は5万円台、3連単は94万円台の大荒れで決着しました。最近3年は馬連の配当も2000円以下と落ち着いてはいますが、いつ波乱になってもおかしくない要素を含んでいるレースということは頭に入れておきたいものです。2013年以降の枠連の出目としては、1-3、7-8、2-7、4-7、2-5と内外まんべんなく出ていることから、偏った傾向はみられません。

----------------------
2018年2月18日(日)
フェブラリーステークス GⅠ
東京競馬場/ダート/1600m
----------------------
激走馬情報の無料メール配信希望は、
keibabeginners@gmail.comまでメール下さい。


過去の無料情報はこちらの⇒ランキングでクリックで確認

無料登録フォームはコチラ

▼▼▼高確定軸馬公開中!▼▼▼


▼▼▼応援クリックあると頑張れます!▼▼▼
にほんブログ村 競馬ブログへ




関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント