FC2ブログ

オーシャンステークス2018 過去のデータから傾向と対策 - 競馬予想ビギナーズクラブ

競馬予想ビギナーズクラブ ホーム » 過去のデータから傾向と対策 » オーシャンステークス2018 過去のデータから傾向と対策

オーシャンステークス2018 過去のデータから傾向と対策

電撃の6ハロン戦特有の傾向がみられるのがこのオーシャンステークスと言えるでしょう。
最近5年間の結果を振り返っても堅い決着の年があったと思えば大きく荒れた年もあり、傾向的にはつかみどころがありません。
1番人気馬は1勝2着2回と馬券にはそれなりに絡んでいますが、1番人気が凡走すると大きく荒れており、2016年は上位3頭が3-11-9番人気で決着していて、3連単は60万円近い大荒れになっています。また、6年前の2012年は14番人気のベイリングボーイが3着に入り、3連単は266万円台のビッグ配当となっていますので、馬券検討は幅広い視野で行う必要があると言えるでしょう。
1200メートルの距離は出遅れは致命傷、さらには先行争いが激しくなれば最後の直線で差し、追い込み馬が急追してきて伏兵が絡むことがしばしばありますので、このレースも用心して馬券作戦を考えたいものです。

----------------------
2018年3月3日(土)
オーシャンS GⅢ
中山競馬場/芝/1200m
----------------------
激走馬情報の無料メール配信希望は、
keibabeginners@gmail.comまでメール下さい。


過去の無料情報はこちらの⇒ランキングでクリックで確認

無料登録フォームはコチラ

▼▼▼高確定軸馬公開中!▼▼▼


▼▼▼応援クリックあると頑張れます!▼▼▼
にほんブログ村 競馬ブログへ



関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント